Brown Bear, Brown Bear, What do you see?

      2016/02/24

11月のレッスン内容のひとつ、Eric Carleの人気絵本”Brown Bear, Brown Bear, What do you see?”

キラキラ星のメロディーに乗せて歌うと覚えやすいです。

お話は “Brown bear, brown bear, what do you see?” からはじまり、”I see a red bird looking at me.” と続きます。「何が見える?」の問いかけに対して「△色の◯◯が僕(私)を見ているのが見える」と答えるという、このパターンがテンポ良く繰り返されます。

カラーや動物の名前も覚えやすいし、少しレベルアップして “What do you see?” や “I see〜.”のセンテンスの練習にも良いです。

また、意識をせずに目に入ってくる・受動的に見える【see】と、意識をして目を向ける・能動的に見る【look】の使い方の違いについてもレッスンの題材として使うことができそうです。小学生はこの違いについてもレッスンの中で取り上げたいと思います(・ω・)b 2歳さんから5歳さんは色と動物の名前を覚えてもらえるようにしたいと思います♪

 - レッスン